保険相談で内容見直し|諭吉が作った日本の保険制度

生命保険の誕生

保険の誕生秘話

日本で生命保険が誕生するきっかけになったのは福沢諭吉。彼が著書の中でヨーロッパの近代的保険制度についてその仕組みとメリットを紹介したことからはじまる。そして、そこから明治14年に明治生命が誕生し、数年後、現在の朝日生命の前身である帝国生命、続いて日本生命が誕生したものの「人の生死でお金儲けをするのか」という批判が強く、一般的に普及するのには時間がかかっている。生命保険が一般の人々の理解を持って受け入れらえるようになったのは戦争被害による遺族に保険金が支払われたことだったそうだ。その後、所得税の生命保険料控除制度でさらに認知を高めている。そんな生命保険に大きな転機をもたらしたのは第二次世界大戦の敗戦であったと言われている。それまでは年払い、半年払いに限られていた民間の生命保険会社の新契約の枠が1946年に月払いも可能となり、多くの民間生命保険会社が再生していくこととなったのである。その後は疾病特約を盛り込んだ商品や、損害保険を取り扱う生命保険会社も出てきたりと、現在にいたっても生命保険業界は変遷し続け、保険相談のサービスも多くみられるようになった。

こんな時代でよりよい保険への加入の一助に

近年、景気の悪化に伴い、低価格の保険証品も増えている。そして、生命保険といえば一般的に掛け捨てのタイプの商品が多い傾向にあったが、消費者のニーズを反映してか、貯蓄型の商品もどんどん誕生している。しかし、保険というのは、一度加入するとすぐに変更できない商品だ。下手に変更することで余分な出費を強いられることもある。また、保険料が安いからと気軽に加入して、結局保険料を支払ってはいたもののいざというときに疾病特約などで適用されず保険の恩恵に被れないケースもある。そのようなことになりたくないが、あまり知識がない、あるいは、説明を受けてもすぐに理解できない、という人にはぜひ保険相談のサービスをおすすめしたい。保険相談というと何か敷居の高い気がするかもしれないが、自分がどのような保証を得たいのかは保険相談の窓口で話すことによって導かれることも多いので、まずは軽い気持ちで尋ねてみるといいだろう。