保険相談で内容見直し|諭吉が作った日本の保険制度

無料で利用できる

無料で利用できる専門家も

生命保険は転ばぬ先の杖として加入しておくことは大切ですが、加入後も適宜見直す必要があります。結婚や出産といったライフイベントを機に背負う責任も異なりますし、年齢によってもかかりやすい疾患は変化していきます。そうした人生の時々に応じて保険見直しをおこなうことで本当に意味のある保険に加入することができます。保険見直しの際は、自分で保険商品について調べたり、加入している保険会社の担当者に問い合わせることもできますが、中立的なアドバイスをもらうのであれば、近年はやりの無料の相談窓口を利用するとよいでしょう。複数の会社の保険商品を同時に比較できるのも大きなメリットです。中にはファイナルシャルプランナーによる相談が可能なところもありますので、人生プランや経済的な視点から保険見直しをすることができます。

無料相談窓口を利用する際には

生命保険の無料相談窓口を利用する際は、まず近くで利用できる店舗を調べましょう。土日などの祝休日や時間帯によっては混み合うこともありますので、事前に確認、あるいは予約しておくとよいでしょう。じっくりと話をすることができます。また、保険見直しが目的で訪問する場合は必ず、今加入している保険の内容がわかるものを持参します。保険内容のお知らせなどと称して保険会社から詳細を示した書類が届いているはずです。この書類がないと、保険見直しをおこなうことができません。また場合によってはいまの保険内容で問題なく継続した方がよいというケースもあります。もちろん、相談した上で新規加入をしないという結論に至ったという場合でも無料で利用することができます。